心の要求(ニーズ)を満たす

自分のニーズを知ることは自己愛を学ぶうえでとても大切なことです。自分のニーズがわからなければ自分の満たされない心を満たしてあげることが出来ないからです。

何か欲しいと願ったとき、なぜそれが欲しいのか理由を探り、真の願望を追求することで、自分に足りないその”何か”を満たしてあげることがはじめてできるのです。

しかし、三次元の物質的価値観にとらわれているうちは真に自分の心を満たしてあげることはできません。なぜなら自分の心を完全に満たしてくれる”もの”や”人”は存在しないからです。私たちはその幻想を追いかけるのをやめなければなりません。無い幻を追う代わりに、真実と向き合わって自分が本当に求めているものが何なのかを知ることは、自分を満たすうえで欠かせないプロセスです。顧客のニーズを知らずに顧客満足を得ることができないのと同じように、自分の真の心のニーズを知らなければ、完全に自分の心を満たしてあげることはできないのです。

しかし、これがしたい、あれがほしい、と望むことが悪いことだということではありません。問題なのは物質的なものに頼りすぎてしまうことです。物質に頼りすぎるというのは、自分の幸せに自分で責任を持てないということです。自分の心の満足の度合いはパートナーや環境次第で上がったり下がったりするというパターンをやめ、全て自己の責任、100パーセント自分の人生や自分の幸せに責任を持たなければなりません。他人や周囲の環境、状況(外の世界)は自分で コントロールできる領域ではありません。私たちは創造主であって犠牲者ではありません。もっと自分たちの人生に積極的に働きかけて幸せを味わってもいいのです。

では、どのようにして自分のコアなニーズを知ることができて、それを満たしてあげることができるのでしょうか。私たちが何か欲しいと望むとき、必ずそこには、そのものが欲しい”理由”があります。

たとえば、結婚願望を持つある独身女性に結婚したい理由を聞きました。もうこの年だしそろそろ結婚したい、子供もほしいし、という答えが返ってきました。しかし彼女は子供好きではありません。なぜ家族や子供がほしいのかと聞くと、生涯孤独に暮らしたくないという理由がありました。しかし、それより掘り下げた質問をしようとすると強く抵抗するエネルギーがみえたので、それ以上深くは突っ込みませんでしたが、わたしには、彼女が将来に対して大きな不安を抱えていることが直感的にわかりました。彼女の心のニーズは安心感です。彼女は安心感を得たいために結婚をしたいと望んでいるのです。

では、結婚して子供を授かったところで、彼女の真のニーズ、心の要求は満たされると約束されるでしょうか。そうとは限りません。家族や結婚はある形でしかありません。そこに自分のパワーを委ねてしまうと(物質的な形に頼りすぎてしまうと)、子供がなんらかの理由で授かれなかったり、結婚が破綻した場合には、それは彼女のコントロール範囲を超えてしまいます。

しかし、真の自分の心の要求(ニーズ)に気づいてそれを素直に受け入れることができれば、直接ダイレクトに自分のニーズに働きかけることができるだけでなく、多くの時間やエネルギーを節約することができるのです。2012年以降時間の感覚が早まって感じるのはこの意識のシフト、変革によるものなのです。私たちは、宇宙の引き寄せの法則に基づき願ったものを引き寄せ体現します。結婚や家族と限定することは宇宙の無限の豊かさに自ら条件を付けて制限をかけてしまうことになります。

まずは自分の願望を考えて、なぜそれが欲しいのか理由を探ってみてください。自分のコアな心のニーズを確認してそれに意識をむけてみてください。自分のニーズを認識し受け入れることは、豊かで幸せな現実を具現化していくために必要なステップです。

水星逆行中は、確認、調整、整理整頓にとても有効な時期です。是非この時期に実践してみてください。

  

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s