ツインフレーム どの情報を信じたら良いの?

ツインフレームって、いったい何でしょうか?

ツインフレームは、新しい人間関係のタイプとでも言うのでしょうか。私たちが成長するために選んだ魂の道です。人類が進化を遂げるために必要なエッセンスが詰まっている成長プログラムのようなものかもしれません。私たちの魂は今生でこのような劇的な変化変容を遂げなければならなかったのです。

人間関係は、私たちが最も成長することができる場所です。ツインフレームと呼ばれる人間関係のコンセプトは、私たちの成長を一番早いスピードで促してくれる即効性のある治療薬みたいなものかもしれません。

ツインフレームと恋愛関係の異なる部分は、ツインフレーム関係は、私たちが知っている物質的価値観ベースの人間関係とは異なり、物質領域を超越した魂との結びつき、肉眼では確認が難しい超感覚で繋がる結びつきです。そのため肉体レベルでは説明が困難なのが特徴です。

“ツインフレーム”体験は、この地球上にいるすべての人が経験するものではありません。スピリチュアルパスは人それぞれ異なります。三次元の物質的価値観を超越し、非物質世界の領域に存在する関係性を受容する準備のできている霊性レベルである必要があります。これは誰が上で誰が下かということではなく、役割の問題です。すべての人々に役割があります。私たちは自分たちの役割を認識し、その役割を果たすだけなのです。

ツインフレームについて沢山の情報があります。その中でどの情報を信じたら良いのか混乱されている方が多くいらっしゃるように感じます。

ご自身の体験がご自身の真実です。ご自身が信じるものがご自身の真実です。他の人の体験と自分の体験が異なるからといってそれが本物でないというわけではありません。言葉通りに理解しようとしなくて良いのです。感じたその正直な気持ちがあなたの真実です。情報に惑わされすぎないようにしましょう。自分が何を感じているのか、あなたのハートが真実です。

ここでは、私の体験、私の真実を、みなさんとシェアしています。

  

Advertisements

感情のヒーリング

ヒーリングとは、一言で表現すると、変化、成長、進化することです。これは宇宙意識の中に存在する私たちの本質です。そして決して避けることのできない道です。

この自然な宇宙の流れの中で、変化や成長を受け入れることができずに進化していくことに抵抗を続けると体にインバランスが起きてしまいます。変化に対する恐れや何らかの心のブロックによって成長の流れを止めてしまうと、やがてそれが体の不調や病気となって現れ、症状という形で私たちに不調和の合図をだします。体はこうして私たちとコミュニケーションをとっているのです。

しかし、現代では、痛みを感じたら痛み止めを飲んで症状や痛みを抑えるという治療方法が主流です。これでは、不調の原因が何なのかわからないままです。その抑えられた痛みはどこにいってしまうのでしょうか?今度は別のルートで痛みを訴えてくるかもしれません。

何らかのブロックにより、体の中に流れるエネルギーが停滞してしまうと、そこにエネルギーが溜まり始めます。引き寄せの法則のとおり、そこにネガティブな感情のブロックがあれば、それが取り除かれない限り同じような波動のエネルギーをそこに呼び込み蓄積していきます。エネルギーは通常流れていなければならないのに停滞しているわけですから、当然そこには悪循環が起こり不調をもたらします。

ヒーラーと呼ばれる人たち(※ここで言う「ヒーラー」はエネルギーヒーラーのことを指します)は、そのエネルギーの滞りを促し成長を助けてくれます。

ヒーラーの人たちは、エネルギーがどこで停滞しているか直感的に感じ取ることができます。そして停滞している箇所に光を当て、受け手に気づきをもたらしヒーリングを促します。

ヒーリングは玉ねぎね皮をむくような作業だとよく言いますが、何層にもなっているレイヤー(他人の想念やもと元々自分のものでないもの)を本当に一枚一枚はがしていくようなものです。

私たちは何役も演じている役者のように、他人のコートを何層にも重ね着し、本当の自分が誰なのか見えなくなってしまっているのです。

アウェイクニングを体験すると、その何層にも重ね着していたコートを脱ぎ捨て、しばらくぶりに、軽やかさ、開放感、そして自由な感覚を味わい、本当の自分が誰だったのかを思い出します。随分と長い間そのコートを着ていたので、脱いだときに初めてそのコートが重く息苦しいものだったことに気づくことができるのです。それまでは着慣れてしまっていて居心地よくさえ感じていたのです。コンフォートゾーンと言われる場所です。

レイキヒーリングなどのエネルギーヒーリングは、サトルレベル(非物質ボディ、チャクラやオーラ)に作用するため、本人が通常意識にない部分に働きかけることができます。それによってコートの例で言うと、急にポジティブ(温かい)なエネルギーが注がれ、暑くなってコートを一枚脱ぎたいような衝動に駆られ、ヒーリングが起こります。そして今まで無意識下にあって隠れていたものが表面に出てきます。ヒーリングの後に好転反応が現れるのはこのためなのです。

私がヒーラーとして多くのクライアントさんと関わる中で気がついたことは、一枚レイヤーが剥がれないと次のレイヤーが見えてこないということです。

こういう理由から、ヒーリングというのはとても時間のかかる作業です。一晩でできるものではありません。ヒーリングにはプロセスがあり、一歩一歩確実に進めるために、忍耐強く自分自身と向き合う必要があります。

しかしヒーリングを最短に起こすことは可能です。それは自分に100%注意を向けてあげること。つまり、自分を大切に、大事に扱ってあげることです。セルフラブに尽きるのです。腕の良いマッサージセラピストやヒーラーは、体の声を聞くのがとても上手です。100%そこに意識や注意を向けてあげることで、そこに自然治癒が働き始めることを直感的に知っているのです。

体の声、心の声に注意を100%向けてあげてください。傷ついたインナーチャイルドを救ってあげられるのは、他の誰でもないあなただけなのです。

ヒーリングに関連することで、ご質問がある方は下記までメールをお送りください!hannahchildtokyo@gmail.com

  

夢を読み解く

寝ているときにみる夢は私たちに沢山の情報やメッセージを伝えてくれます。

夢は、私たちが現実で体験する出来事と同様に、私たちが創造している現実の一部です。

特に印象に残る夢、繰り返しみる同じような夢には特別なメッセージが隠されています。

夢日記をつけて、夢のパターンを知ることで、夢からのメッセージに気づくことができるでしょう。

象徴的なシーンや登場する人物の特徴、そして夢の中で繰り返し体験する同じような感情に注意してみてください。

夢で私たちが体験することは、私たちが現実で体験することの予告でもあります。象徴として現れるものは夢と現実の中では異なるかもしれません。しかし、本質的には同じ波動のエネルギーです。

私たちが夢を見ている間、私たちの意識は四次元から上の世界へ旅します。四次元は私たちのマインドがある場所です。三次元の物質世界で現実化される前の工程段階です。

夢の意味を読みとって私たちの思考を変えることで、私たちの現実に引き寄せるものを調整することができるのです。

私は、以前に、ある象徴的な夢を繰り返しみていました。自分のツインから無視されるというすごく嫌な夢です。ちょうど、”ランナーステージ”と呼ばれるステージにいたときです。ロケーションや状況は毎回少しずつ変わるものの、夢の中で体験する出来事は毎回同じような内容です。彼の携帯電話に電話をすると発信相手が私だとわかると電話に出なかったり、私が近くにいるにも関わらずあからさまに避けられたりする心が傷つく夢です。彼から注意を引くために彼の大好物のものをお土産に手に持って、彼を探しに行ったり追いかけまわすというような、普段の私では絶対にやらないようなことも象徴として夢の中の現実に現れました。

私はその夢のパターンをみつけ、夢から目が覚めてすぐにその夢で体験した感情に再び潜り込み、その感情の根源を探りました。そこで私が見つけたものは、置き去りにされた私のインナーチャイルドです。

その置き去りにされて深く傷ついたインナーチャイルドは、私が人間関係で繰り返し体験していた孤独感や相手に対する根拠のない不信感、そして常に感じる置き去りにされるんじゃないかという恐怖感と同じ感情を抱えています。

そのインナーチャイルドのまだ癒えていない悲しみ、孤独感、痛みが、私の人間関係に恐怖感や孤独感をもたらしていたのです。

インナーチャイルドの痛みの叫びに気づいてあげるために私はその夢を繰り返しみていたのです。

ツインとの関係性には、双方の間で生まれるこのような強いコントラストによって自分の中の深い闇の部分が掘り出される機会が多く訪れます。ヒーリングが加速するのはこのためです。

そして感情のクリアリングを進めると同時にインナーチャイルドとの関係も改善されていくと、不思議と夢で体験するものもそれに同調して変わっていきます。もちろん現実に引き寄せる体験も変わっていきます。

夢は、私たちの創造プロセスのうちの一工程です。現実化前に、変更必要箇所がないかどうか、最終確認として事前にプレビューとして見せてくれます。

是非、繰り返される象徴的な夢の内容をチェックしてみてください。 

 

New beginning 〜再生〜

私たちはサイクルの中で死と再生を常に繰り返しています。それは、魂が肉体に宿りこの地球上に転生し、そしてまた時期がくれば肉体を離れていくようなサイクルもあれば、四季の中で葉が芽を出し色づいて散っていくようなサイクル、新月〜満月、月曜〜日曜日、日、月、年、秋冬(陰)〜春夏(陽)というように、小さなものから大きなものまで様々なサイクルがあります。

自分の中で変化を感じる時はサイクルが変わる時期かもしれません。

多くの方がこの数週間たくさんの変化を感じているのではないでしょうか?

8月8日にライオンズゲイトという物質世界と非物質世界を繋ぐポータルが開いたそうです。今年は8の年(2+0+1+5)、8-8-8トリプルエイトとなり、この星の整列にとても大きなエネルギーをもたらすそうです。

私自身もこの新しいエネルギーを強く感じています。一ヶ月ほど前にある夢をみました。夢の中でとても強いエネルギーの宇宙人のような女性の存在が現れ、私にとてもパワフルなツールを見せてくれました。今思えば、これだったのか!というような納得できるようなものでした。ある日の瞑想中には金色の光を放つ猫のような姿をしたスピリットが私のガイドとして現れました。この二つの存在は今まで全く感じたことのないエネルギーだったのでそのときすぐにはわからなかったのですが、実は獅身女(Lion beings)だったのです。

情報は私たちのチャネリングを助けてくれます。しかし情報に頼りすぎてしまうと自分たちの純粋な感覚を失ってしまうのも事実です。情報はあくまでも私たちがそのチャネリングするエネルギーを読み取ったり翻訳するのに役立つソースです。一番大切な自分の感覚や感じるものや体験するものを決して忘れないでください。

何かを説明したり表現したいとき、いくら自分の母国語であっても、全く未知の世界のことを理解したり、ましてやそれを他の人に説明して伝えるということは容易なことではありません。チャネリングしたエネルギーを表現するために、その分野を理解するのに役立つ情報を集めたり、リサーチをして、ある程度の知識を得ておくことは、私たちが表現したり創造していく上でとても役に立ちます。その上でご自身の感覚で感じ取りご自身の方法で表現することをしてみてください。

今回のライオンズゲートから流れてくるこの新しいエネルギーは、まさにそれらを容易にしてくれるとてもパワフルなエネルギーです。私たちが自分たちのユニークな方法で表現し創造していくのを助けてくれます。

私たちライトワーカーとしての仕事は、高次のエネルギーを地球上に降ろし地球の波動を上昇させることです。私たちはもともと高次のエネルギーにアクセスできる能力を備えています。その能力を使って高次のエネルギーを表現し地球に愛のボーテックスをたくさん創造していかなければなりません。そうして天と地を繋げていきます。

このポータルが可能になった時点から、私たちの新しいサイクルは始まっています。是非、この再生のエネルギーを感じ取ってご自身の方法で表現してみてください。

  

エネルギーフィールドの浄化

私たちはエネルギー(気)です。地球上に存在する全てのものがエネルギーです。

引き寄せる出来事や人間関係も全てエネルギーです。私たちの体やマインドはエネルギーのマグネットのように、自分たちが発している周波数と似たようなものを引き寄せます。

住む環境、経済状況、人間関係、食生活など、あなたのライフスタイルは健康的ですか?

自分の人生の各エリアを見直して、そこから不要なものを取り除くだけで、あなたの人生に大きな変革を起こすことができます。

自分で管理しきれないほどのものを所有していませんか?管理ができない状態が続くとそこのエリアのエネルギーは停滞し、私たちの体や人生に大きな影響を及ぼします。

人生から無駄や不要なものを取り除き、最小限にしておくことで、あなたのエネルギーは浄化されるだけでなく、気力が戻り、健康が回復したり、今まで感じることができなかった情熱を再び感じることができるようになります。

自分のエネルギーフィールドの状態を普段からチェックし、整理整頓された状態を保てるように管理しておきましょう。着ない服、履かない靴、読まない本や自分が大切にしていないもの、不要な人間関係、不要な出費、不要な食事など、これらがどれほど私たちの人生に不利益を与えているかということに気づくことができると、それらを所有する価値は全くないことに気づくでしょう。

私が昔友人から勧められた本「ガラクタ捨てると自分が見える」by カレン・キングストンは、私の人生に変革を起こしました。この手の本は他にも沢山でていますので、ご自身が共鳴できる情報を参考にして、是非スペースクリアリングを実践してみてください。

スペースクリアリングを身につけることは、一生の財産となるでしょう。人生はより開放的で自由な方向へと流れていくことができます。

  

Allowing… 受け入れる

もっと自分らしく生きたい、もっと自由になりたい、理想の人生を描き、それらを手に入れるために願望をノートに書いてみたり、ビジョンボードを作ったり、引き寄せの法則を学び願望実現のために私たちはたくさん努力してきました。

そして、夢の仕事をゲットしたり、理想のパートナーに出会えたり、ずっと行きたかったところに行くことができたり、会いたかった人に会えたり、色んな形で夢を実現したかもしれません。

しかし、夢が叶ったからといって永遠の幸せが手に入ったかどうかというと、そうでもありません。

きっとあなたも次の願望や目標、満たされない心を満たしてくれる他の”何か”を探し求めているかもしれません。

私たちは、いつまでこのサイクルを繰り返し続けていくのでしょうか?

私たちはそろそろ折り返し地点に来ています。折り返し地点とは、外に探すのをやめて方向転換し、内側に向かっていかなければなりません。

私たちが幸せを感じることができないとき、私たちの中でどんな葛藤が起こっているのでしょうか。

私たちは、幸せを感じることができないとき、今幸せでない状態に焦りを感じ、幸せを感じることができるように、何か自分の気持ちが高まる何かをしなければという衝動に駆られるでしょう。美味しいものを食べたりアルコールを飲んで一時的な快楽を得ようとしたり、または次の目標を設定して自分の気持ちを高める努力をするかもしれません。

しかし、私たちが学ばなければならないことは、今この瞬間に感じていることを在りのまま受け入れる、ということです。

ネガティブな感情を感じると、私たちはその感情に背を向けたくなります。なぜならネガティブなことは感じるべきでない、と心のどこかで思っているからです。そしてそのネガティブなものを受け入れる代わりに、ポジティブなものを探し始めたくなるのです。しかし一時的にポジティブになったところでそのネガティブな感情か無くなるわけではありません。

私たちはそのネガティブな感情から逃げる代わりに、痛み、哀しみ、怒りや無力感など、それ”そのもの”を感じることを自分に許していかなければなりません。感情に背を向けている間はその感情が癒えることはありません。

今、あなたが感じていること、それがどんな感情であっても、あなたが今感じる必要のあるもので、感じて当然の感情です。今感じている感情が正しく、それ以上も以下もありません。こう感じるべき、こう感じたほうがいい、というものはないのです。今感じているその感情こそが今のあなたで、本当の真実のあなたです。それを何かに変える必要はないのです。変えようとする代わりにそのままを無条件に受け入れてください。私たちが進むべき方向は、抵抗ではなく受け入れる、です。

  

How to surrender 上達のコツ

何でも上達をするには積み重ねの練習が必要です。そして、上達にはコツがあります。

サレンダーは、私たちがコンシャスクリエイターとしてこの地球上で生きていくために必要なテクニックです。サレンダーのスキルを身につけて宇宙の流れと調和することであなたの人生は大きくシフトするでしょう。

私たちは、怖れによって流れに逆らう傾向が強くあります。クセや習慣を変えるにはある程度の期間集中して意識的に習慣を変える努力をする必要があります。

私たちは、流れの先にある宇宙が用意してくれる最良の結果を信頼することができず、つい結果をコントロールしてしまいたくなったり、不安や恐怖に襲われ自分の足元を見ることができなくなってしまいます。グランディングすることができずに、ぐらついてしまうのです。

宇宙を完全に信頼し、流れに身を任せることができないのは、その流れの先にあるものを見る力、第三の目の力が衰えてしまっているからです。私たちは物質世界にいるため肉眼で見えるものを信じるクセがついています。結果や証拠として肉眼で確認できないものは真実味にかけいまいち信用することができないのです。

しかし、創造主として生きていくためには、無から有を生み出す力を鍛えなければなりません。つまり、肉眼で見えないものを見る力、信じる力をつけなくてはなりません。

思考が私たちの現実を創ります。私たちが自分たちの思考を管理しない間は私たちが理想とする豊かで快適で幸せな人生を創造していくことはできません。なぜなら、私たちは、古い信念形成に基づいた思考パターンに支配されているからです。私たちは習慣の奴隷になってしまっているのです。今すぐその奴隷制度を解放し、自分自身に主体性を持たせて、人生が理想や願望の方向に向かうように思考(エネルギー)に方向性をつけていかなくてはなりません。

エネルギーは自分が意識を向ける方向に集まり流れていきます。自分のエネルギーフィールド(思考)を管理することでエネルギーに方向性をつけてあげることができます。私たちが理想としないネガティブな体験を引き寄せ続けるとき、私たちは無意識にも傷ついたトラウマに気を捕らわれてしまっています。意識がそこに自然と向いてしまうのです。これは習慣によるものです。そして、もちろん、根源となるその傷を癒す作業も同時に行なっていく必要があります。

サレンダーがうまくできないのは、怖れベースの思考パターンにハマってしまっているサインです。自分のエネルギーフィールドが現在どのような状況あるいは状態にあるのかチェックしてみてください。疑心暗鬼や不安を感じているのなら、怖れベースの思考回路で物事を考えている証拠です。1日に何万回と繰り返される思考を一つ一つ管理することは不可能です。しかし、思考を精密かつ正確に検知してくれる感情をみることで自分がどんな事を考えているのか知ることができます。

安心感や絶対的な信頼を持って流れに身を任せることができるようになることが私たちのゴールです。自分のエネルギーフィールドの状態を管理することは、サレンダーに近づくためのコツです。

自分の内側を常にチェックし、自分自身の今日の状態を知ろうとしてみてください。自分の心がざわざわしているときは独りの時間を過ごすときです。エネルギーに方向性を持たせ、それを管理していくことで不安を解消することができるでしょう。