新しい信念、新しい世界

今年も残すところ後僅か。

皆さんにとって今年2015年はどんな年でしたか?

私たちの”リアリティ”は、私たちのビリーフによって創り出させれています、

というお話は、何度もこのブログを通して、お伝えさせていただいていますが

来年は、創造主として、もっと意識的に現実を創造していけるように、ビリーフの仕組みについてお話させていただきます。

私たちのビリーフがなんであるかを知るには、私たちの今生きている現実をみるとわかります。

特に、苦しいこと、辛いこと、私たちが留まりたくない環境や状況は、私たちのビリーフ(信念)のリニューアル時期を告げています。

信念はテーブルに例えてよく説明されます。

下の図のように、テーブルが信念(数学が苦手)で、テーブルを支える脚が信念をサポートしている私たちの体験(テストで2回落ちた、クラスで回答を間違えた、親も数学が苦手でこれは家系だと母に言われた)です。そしてそれに伴って体験した感情が、テーブルを更に強固に支える接着剤の役目となります。

 
信念によって創られた”現実”を私たちは体験します。そしてその体験によってその信念が本物であることが証明され、その信念に真実味を持たせます。

そして、その更に強くなった信念をベースに私たちの現実は創造されていきます。

こうしたサイクルにより、私たちの信念は勢いを増しどんどん強化されていきます。

これが、私は〜が得意だ、などのポジティブな信念であれば、その特技はどんどんと上達しその信念を更にサポートしていきます。

しかし、これがネガティブな信念だった場合、言うまでもありません。私たちの人生は、雪山を転げ落ちていく雪だるまのようにネガティブなマグネティックフィールドを拡大していくでしょう。

この事実から、信念を変えれば私たちが体験する結果を変えることができる、ということがわかります。

私たちをやる気にさせてくれる新しい信念とともに新年を迎えられるように、私たちの人生がどんな信念に導かれているのかを見ていきましょう。

あなたが達成したいこと、叶えたいことを邪魔しているのはどんな信念でしょうか。

世界1のカリスマコーチ、トニー・ロビンズの著書「自分を磨く~Awaken the Giant within~」の一章”信念が自分を切り拓く”で書かれている信念の外し方はとてもパワフルなワークです。それを参考に信念のリニューアルを紹介します。

紙とペンを用意し、座って、あなたのエネルギーを停滞させている信念(やる気や活力を奪っている信念)と、あなたのエネルギーレベルを上昇させる信念(やる気と活力を与える信念)を書き出します。

経済的な理由、時間、年齢、私は〜だからきっと無理、など

ベストを尽くせば絶対にできるはず、私には〜のような強みがある、など

書いたものを見返してどんなことを感じますか?

やる気を奪う信念を見るだけで、エネルギーが吸い取られて自分のエネルギーレベルが下がっていくのを感じるでしょう。

反対に活力を与える信念はあなたにエネルギーを与え、エネルギーレベルを上昇させやる気になっていくのを感じるでしょう。

では次に、やる気のでない信念の中で特にあなたを疲れさせるものを選んでください。この信念について少し考えます。この信念は日頃あなたにどんな悪影響を与えていますか?少し考えてみましょう。

そして、今後いっさいこの信念からの影響を受けるのをやめる、とここで誓いましょう。

この信念が創り出す否定的な結果を考えて、この信念をサポートしている根拠を外していきます。

この信念がどれほど馬鹿げているか

この信念を伝授した人はその分野で成功しているか

この信念を持ち続けると、どのような結果を生み出し、そしてそれによってどんな感情的な影響をうけるのか

このマイナスを引き起こす信念を、否定的な感情と結びつけ、苦痛と連携させれば、今すぐに捨てたくなるはずです。

そして今度は、やる気と活力を引き起こす新しい信念に置き換えます。

やる気や活力を与えてくれる信念は、やる気を奪う信念の反対を考える、というのもよい方法です。

例えば、年齢的に遅すぎる、という否定的な信念を捨て、この年齢だからこそ若い人たちにはない知識と経験が私にはある、などのように肯定的な新しい信念に置き換えます。

痛みや苦痛を伴う感情を体験したとき、この感情を引き起こしている信念は何なのか、考えてみてください。

力は私たちの内に眠っています。それを呼び覚ますのは私たちです。

2016年は、何を創造したいですか?

どんなことを体験したいですか?

私たちの意識が、それらを創り出します。

創造に、方向をつけて、意識的に現実を創る練習をしてみてください。

創造主として、未来は私たちが創っていくものです。

みなさまが、素敵な年始を迎えられますように!    

 

ツインフレーム〜Freedom of Love expression〜

私たちは、人との関わりの中で、学び成長しています。

悩んだり葛藤するからこそ、私たちはそこから学びを得て成長することができます。

ツインソウルは、私たちの魂の成長を速めてくれる存在の一言に尽きます。

ソウルメイトとの関係よりもハードでコアな魂の成長のための集中トレーニングコースのような感じです。

ソウルメイトが10年コースだとしたら、ツインソウルは、6ヶ月くらいのスピード感です。

スピードが速い分、向き合う問題のレベルもハードです。深いところに沈んでいる自分たちの課題に取り組むように促されます。

ソウルメイトやツインフレームに関しては、色々な定義があると思います。

私たちは集合意識の中にいて、全てはひとつ、つまり私たちは全てで、We ARE all oneです。

ですので、大きな図で見れば、ソウルメイトもツインソウルも、源は同じです。

ソウルメイトやツインフレームというコンセプトは、分類好きな私たち人間が作り出しているものです。

そして、定義は私たちが自由につくりだしてよいものです。既にある定義に当てはめなくても、当てはまらなくてもよいのです。

私たちの本質である創造主という観点から考えると、既にある定義に当てはめるという発想は、とても制限のある考え方です。

私たちは、新しい生命を創造し続けています。人との繋がりの中でも常にNEWが生まれています。

人間関係や人との繋がりも、これからどんどんと多様化していくでしょう。

愛の形、定義、表現は無限です。

私たちは、自分たちの制限を外し、そこから解放され、これからもっともっと自由になっていくでしょう。

自由になることを怖れないでください。

私たちがもっと自由に表現する時代がやってきました。

私たちが自由に表現することが、自由な未来を創り出します。

 

ツインフレーム段階 質問

ツインフレーム段階に関するご質問をいただきましたので、こちらで回答をシェアいたします。

Q:ハナさん、いつもありがとうございます。

“このステージでは受容されたツインたちの感情ボディ、メンタルボディ、スピリチュアルボディが完全に成長した状態になります。”

について、もう少し詳しく解説していただけたら嬉しいです。

A: いつもブログを読んでいただきありがとうございます!

この記事は翻訳した記事なので、私の経験からでしかお伝えできませんが

おそらく、ここで説明されていることは、今までは個人意識(分離意識)だったのものが、必要な感情の浄化を終えてエゴを手放し、集合意識体としてミッションにとりかかる準備が整ったことを示しているのではないかと思います。

感情ボディは、自己を受入れることによってペインボディから解放され、苦しみ痛みから喜びへと移行することにより、波動が上がり、結果的に大きなヒーリングが起こり、進化、成長、変容を遂げます。

メンタルボディは、その解放によって、よりサレンダーすることで、今、この瞬間に集中できるようになります。

それにより、スピチュアルボディとフィジカルボディは分離の状態から統合の状態になり、集合意識との繋がりを感じはじめるようになります。

スケプティックス 

スピリチュアルパスを生きていくなかで、必ず遭遇するのがスケプティックスと呼ばれる懐疑論者や無神論者たち。自分の霊性が上がったからと言って彼らと全く関わらなくなるわけではありません。

私たちは肉眼では見えない何層ものレイヤーの中で生きています。層と層の間には交わる部分があり、私たちの日常生活の中で必ずその交わる部分と接触する機会があります。

違う信念を持つ人々は、私たちの敵ではありません。ライトワーカーの魂の目的である人類の意識拡大サポートのために、人々のアウェクニングを促すよう助言をしたくなったり、情報を伝達したいという欲望にかられるでしょう。ライトワーカーとしての使命感から自然とそのような行動にでてしまうのです。しかしその際に気をつけなければならないことがあります。

それは、距離感です。

しっかりと自分と相手の間のバウンダリーを確認しなくてはなりません。

スケプティックスへの対応を学ぶことは、ライトワーカーとして生きていく上での必須科目と言っても良いでしょう。

私たち自身もそうであるように、彼らも怖れを沢山抱えて生きています。スピリチュアル、霊性、つまり目に見えない非物質世界に関することは、人々の怖れを焚きつける可能性のあるとても繊細なトピックです。

自分と相手の境界線がどこなのか、明確にしっかりと見極めておかないと、猛攻撃をうけるはめになったり誹謗中傷され直に影響をうけてしまい、自分の信念を深く傷つけてしまうことにもなりかねません。もともと敏感なライトワーカーたちは、傷つき、自由に表現することに怖れを感じ、自尊心を失ってしまうかもしれません。それでは大事なミッションは果たすことができません。

ライトワーカーという使命を持って生まれた人々は、自分たちのスピチュアルミッションを生きていくために、彼らへの対応をしっかりと学び身につけなくてはなりません。そして、全ての人が今回の転生で覚醒するわけではないということを知っておきましょう。

学びの段階やスピードは人それぞれです。スピチュアルレベルにおいて、現在、自分が何を認識しているのか知ることも大事なことです。どのようにして自分のスピチュアルレベルを知ることができるのかは、自分が今興味のあるテーマが何であるかを見るとわかります。

例えば自分の現在の興味がエンジェルだったとしても、親友や恋人の興味のあるものが同じでなくてもがっかりすることはありません!

ご自身のスピチュアルパスはご自身のものです。他の誰かに同意してもらう必要も承認してもらう必要はありません。自分自身が信じていれば、それでよいのです。そうして信念というものは強化され太くなり、やがてそれは自分の内なる真実を創り出していくでしょう。

自分が信じるものと他の人が信じるものが同じである必要はありません。他の人の信念があなたのものである必要はありません。反対の場合も同様に、あなたの信念を他の人(あなた以外の誰でも)がアダプトする必要はないのですから、あなたが信じるものに対して中傷することもできないはずなのです。

私たちがスケプティックスを嫌がるのは、自分の信念を荒らされ、傷つけられ、壊されるのではないかという不安や怖れからではないでしょうか。

誰かに同意や承認を求めるのやめたとき、スケプティックスの存在も同時にあなたの周りから去っていくかもしれません。

もしかしたら、スケプティックスなど、最初からそこにいなかったのかも!?しれません!

 

オプラ・ウィンフリーが男性について言いたいこと

HEAR WHAT OPRAH WINFREY HAD TO SAY ABOUT MEN :
If a man wants you, nothing can keep him away. 

If he doesn’t want you, nothing can make him stay.

男性があなたを求めるとき、彼を遠ざけることが出来るものは何もありません。

男性があなたを求めないとき、彼を引き留めることが出来るものは何もありません。

 Stop making excuses for a man and his behavior. Allow your intuition (or spirit) to save you from heartache.

 男性や男性の態度を言い訳にするのはやめなさい。直感(またはスピリット)に、あなたを心の傷から守ってもらいなさい。

Stop trying to change yourself for a relationship that’s not meant to be.

運命じゃない人間間関係のためにあなた自身を変えようとするのをやめなさい。

 Slower is better. Never live your life for a man before you find what makes you truly happy.

ゆっくりの方がいい。あなたを本当に幸せにするものを見つける前に絶対に男性のために生きてはいけない

 If a relationship ends because the man was not treating you as you deserve then heck no, you can’t “be friends”. A friend wouldn’t mistreat a friend.

もしも、男があなたのことを正当に扱っていないことが理由でその人間関係が終わるのなら、友達になんてなれるわけがない。
友達は、友達を不当に扱わない。

 Don’t settle.
If you feel like he is stringing you along, then he probably is Don’t stay because you think “it will get better”You’ll be mad at yourself a year later for staying when things are not better.

落ち着かないでください。
もしも、彼があなたを引き留めようとしていると感じるなら恐らく彼はそうしているでしょう。
きっとよくなるかもしれないから、と言うのはやめなさい。
あなたは、その一年後よくならなかった時にまだそこにいる自分自身に腹を立てるでしょう。

The only person you can control in a relationship is you.

人間関係でコントロールできるのは自分自身だけです。

Avoid men who’ve got a bunch of children by a bunch of different women. He didn’t marry them when he got them pregnant, why would he treat you any differently?

他の沢山の女性と子供をつくっている男性は避けなさい。彼は、その女性たちが妊娠した時にその女性たちと結婚しませんでした。なぜ、彼はあなただけ違うように扱うでしょうか?

Always have your own set of friends separate from his.Maintain boundaries in how a guy treats you.

彼とは全く別の自分自身だけの友達をいつでも持っておきましょう。男性があなたをどのように扱うか、境界線を管理しておきましょう。

 If something bothers you, speak up. Never let a man know everything.* He will use it against you later.

もし、何か引っかかることがあれば、話しなさい。男性にすべてを知られないようにしましょう。彼は後にそれを利用します。

You cannot change a man’s behavior.* Change comes from within. 
Don’t EVER make him feel he is more important than you are…Even if he has more education or in a better job.

あなたは男性の態度を変えることは出来ません。変化は内からやってきます。
例え、彼があなたより学歴があったり、良い仕事についていたりしたとしても
絶対に、彼はあなた以上に大切な存在だと彼に思わせないようにしなさい。

Do not make him into a quasi-god. 
He is a man, nothing more nothing less. Never let a man define who you are.

彼を半神様にさせない
彼は、男性で、それ以上でも以下でもありません。男性に、あなたが誰なのか、絶対に決めさせないでください。

Never borrow someone else’s man. If he cheated with you, he’ll cheat on you.

他の人の男性を絶対に借りてはいけない。
彼があなたと浮気をするなら、彼はあなたのこともだまします。

A man will only treat you the way you ALLOW him to treat you. 
All men are NOT dogs.

男性はあなたが受け入れる分だけあなたをもてなします。
全ての男性が犬ではありません。

You should not be the one doing all the bending…Compromise is two way street.

あなた一人が我慢しないこと。妥協はお互いがすることです。

You need time to heal between relationships…

あなたは、人間関係と人間関係の間に、癒す時間が必要です。

There is nothing cute about baggage…Deal with your issues before pursuing a new Relationship You should never look for someone to COMPLETE you…

お荷物に可愛さなんてありません。新しい人間関係を追い求める前に自分の問題に向き合いなさい。自分を満たしてくれる誰かを探してはいけません。

A relationship consists of two WHOLE individuals…Look for someone complimentary…not supplementary.

人間関係は、二つの完全な個から成るものです。補うではなく、合う人を探しなさい

Dating is fun…even if he doesn’t turn out to be Mr. Right. Make him miss you sometimes…when a man always know where you are, and you’re always readily available to him – he takes it for granted

もしも彼があなたの理想の相手でなかったとしてもデートは楽しいものです。
時々、彼を寂しがらせなさい。
男性が女性の居場所をいつでも知っていると、あなたはいつでも、彼にとって可能な人となってしまう。そして彼はそれを利用するでしょう。

Never move into his mother’s house. Never co-sign for a man. Don’t fully commit to a man who doesn’t give you everything that you need.*Keep him in your radar but get to know others.

 絶対に彼の母親の家に引っ越してはいけません。

絶対に男性のために連帯保証人として署名してはいけません。

あなたが必要なもの全て与えてくれない男性に完全にコミットしてはいけません。
彼はあなたのレーダーに入れておいて、他の人とも知り合いましょう。

  

Core self  〜軸〜

自分の中心、軸がとれていないと、何か事あるごとに感情を揺さぶられたり、迷ったり、葛藤したり、自分の行く方向を見失ってしまいます。

自分の中心軸がどこにあるか、いつも確認をするようにしておくと、何か心を揺さぶられるような出来事に直面したときでも、すぐに”自分”に戻ってくることができます。

コアセルフ、いったいそれは何でしょう?そしていったいどのようにしてそれを強化していくことができるのでしょうか。

私たちは、習慣の奴隷です。私たちの日常は私たちの信念システム、つまり思考パターンによって習慣化されています。思考を自動モードからマニュアルモードに切り替えて、マインドを自分で操作していく練習をしなければなりません。自分の意思よりも思考パターンを優先にしてしまう脳の筋肉を鍛え、あっちこっちに引っ張らて、今この瞬間にいないマインドを自分の軸、”今”、”ここ”、”この瞬間”に戻す練習をしなければなりません。

一流のスポーツ選手は体幹を鍛えます。体幹トレーニングというのが流行りましたが、体幹、つまり軸になるコアを鍛えることでバランスが保ちやすくなります。軸がしっかりしていると倒れにくく、しっかりと踏ん張ることができます。ボディとマインドは繋がっていますので、結果的に精神も安定します。

体の軸だけでなく、マインドにも同じことが言えます。自分の軸、コアセルフとしっかり繋がっていると周囲の環境や人に流されにくくなります。例え影響を受けたとしてもリカバリーも早くできるようになります。他人や周囲のエネルギーに敏感で影響を受けやすいエンパスの人は特にコアセルフと繋がっていることが大切です。

自分の軸を探す

自分の軸というのは、自分の人生において一番大切にしていること、一番に価値を置いていること、信念やモットーのようなものかもしれません。自分の意思を伝えるときに大きなサポート役となってくれる部分です。自分が人生に求めるもの、自分が目指しているところがどこなのか、それが明確な人は優先すべきことがいつも明確で決断も早くできます。自己のコアに繋がるということは、自分の信念と繋がることです。信念は自分自身との信頼関係によって強くなります。自分のコアの部分と繋がる時間を意識的に持つことで自分自身との関係をより深めていくことができるでしょう。それには瞑想法を学び練習するのがいちばんです。

私たちのマスターたちも瞑想を学び実践しました。古代から使われている瞑想という技法は、地球に住む私たちに残された宇宙からの叡智です。

瞑想法も多様化し色々な方向があります。マントラやシンボルを使う瞑想法、誘導によるもの、気功、太極拳、ヨガ、ダンスのような体を動かしながら行う瞑想法、ビジュアライゼーションやイメージを使う方法、色々試して自分に合うものを見つけてください。どんな方法でも一定の時間マインドをあるものに集中させる、というのが瞑想の目的です。これにより、マインドを自分の軸に戻す脳の筋肉が鍛えられます。この筋力を強化しておくと、何か心が揺さぶられるようなことがもしも自分の身の周りで起こったとしても、スッと自分の軸に戻ってくることができるようになり、混乱を避けることができます。どんな場面や状況においても自分の意思をしっかりと持つことができるようになり、ブレない自分をつくることがでしょう。