パワー オブ ツインフレームヒーリング

ツインフレームの目的は、私たちがサインアップした魂の任務を果たすことができるように必要なヒーリングを行うことです。

ツインとは、私たちがいったい誰なのかということを最も詳細にクリアに思い出させてくれる存在です。

今多くのツインたちが向き合っている感情のクリアリングや信念の書き換えは、私たちが長年の間手放せずにいた恐れのエネルギーから、解放と自由の愛のエネルギーへとシフトさせていくためのものなのです。

ツインとの関係では、今まで自分が抑圧してきた感情やシャドーの部分が照らしだされます。心の奥底にしまい込んだまま未解決となっているそれらの問題が明るみにでてきて向き合わざるを得ない状況に自然となっていくでしょう。

これまで恐れをベースに生きてきた私たちにとっては、自分のシャドーセルフや恐れによって抑圧してきた感情が開示されるということは死ぬほど恐ろしく感じるものです。

私たちは、この惑星に肉体を持って存在することで分離を体験し、そのイリュージョンに困惑し葛藤を繰り返します。ツインは、その分離した私たちのセパレートセルフを引き戻し、自分が肉体を超える魂の存在であることをはっきりと思い出させてくれる存在です。本当の気づきは体験を通してでしか得ることができません。ツインは、私たちにその体験をもたらし、本当の自分が誰であるのか肉体を超えて、感情体、スピリット体で気づきを与えてくれるでしょう。

私たちのこの人生での目的は自分が本当は誰なのかを思い出すことです。

自分が肉体を超える存在であること、自分が大いなる源の一部であり、自分は創造主であるということ、宇宙の壮大な創造エネルギーに触れ、そしてそこと繋がることで、自分は集合意識体の一部であるということに気づいていくでしょう。

恐れを超えた先に見えてくる世界観があります。サレンダーに入れば解放と無限の自由がそこにはあります。

ランナー、チェイサーと呼ばれるステージで苦しまれている方が大勢いらっしゃいますが、このステージではコントロールを外すために様々な葛藤を体験します。コントロールを外したその先にある自由と解放のためのヒーリングのプロセスなのです。

マインドスペースの3Dの価値観を超えて、ハートスペースの5Dにアップグレードするタイミングが来ていることを示しています。

これは、あなたにとってはツインとの関係でしか得られないヒーリングのプロセスだったのです。もっと大きな構図で全体像を見てください。そうすれば恐れによるコントロールを外すことができるようになるでしょう。私たちがコントロールしようと頑張っているものは、とてもとても小さく、宇宙の壮大な創造計画にはかなわないのです。

ツインフレームは、宇宙規模で動いている壮大な計画だということを知ってください。

すべてのツインフレームたちへ、愛をこめて。

  

Unconditional Love…

  
無条件の愛、私たちが取り組むテーマのなかで最も難しいものかもしれません。

自分でも他人でも、無条件に愛するというのは、色々な制約の中で生きてきた私たち人類にとっては永遠に向き合うテーマであるように思います。

しかし、私たちは、今、この無条件の愛を学んでいます。

自分に対しても、相手に対しても、無条件に愛し、愛され、そんなことができたら、どんなに人生は楽になるでしょうか!

自分に対しても、相手に対しても、それ以上も以下も期待することなく、そこから変わる必要なんて全くない、今を愛で満たし、今が愛で満たされ、今を最高に喜び幸せを感じる、こんな風に思える日もあるでしょう。

しかしまたそこから状況が一変してしまうと、たちまち心は揺さぶられ、不安と葛藤に襲われ、相手や状況次第の条件付きの愛、Conditional Loveに切り替わってしまうでしょう。

それでも良いのです。

私たちは人間です。それが人間らしくもあり、この三次元世界だからこそ経験できることなのです。

大切なのは、相手や自分を許せない自分を受け入れてあげることです。

許せなくてもよいのです、それが正直な気持ちなのですから。

許せないのなら、許せないという正直な気持ちを受け入れることのほうが大事です。

許せない気持ちの下には何が隠れていますか?

怒りですか?悲しみですか?凍え死にしそうな孤独感ですか?

本当の胸の痛みに気付いてあげたとき、私たちは、また一歩、無条件の愛に近づくことができるでしょう。

自分の生の感情と向き合って

苦しいときは、苦しい自分を受け入れて

自分の感情ボディと一体になりましょう。

そうして在りのままの自分を受け入れたときに奇跡は起こるでしょう。

そこから変わろうとしない、変わる必要はないのです、私たちは、いつでも、今この瞬間が完ぺきです。

安心して、今に生きて、今と過ごしてください。  

  

内なるガイディングシステムと繋がる

  
内なる無限の叡智に繋がって、宇宙のリズムやサイクルと上手に調和して生きることが出来るようになると人生における様々な困難もスムーズに切り抜けていくことができます。

内なるガイディングシステムと繋がる

というのは、一言で表現すると、宇宙の流れと同調する、ということです。

大いなる源と繋がって、私たちの人生をよりスムーズなものにしていきましょう。

アセンションの影響により、私たちの多くはこれまで沢山の感情と向き合うような状況に遭遇し感情のクリアリングを余儀なくされてきました。

感情クリアリングのプロセスの中では、沢山の葛藤を体験し、エゴベース、恐れベースのネガティブな感情を手放すように促されたでしょう。

恐れは、私たちの本質から最も遠いところにあるネガティブなエネルギーです。愛の真逆は恐れです。恐れベースの人生から愛をベースにした人生に移行していくために、私たちは恐れを手放すように導かれました。

感情は、私たちのガイディングシステムそのものです。感情は私たちが非物質世界と繋がる窓口のようなものです。チャクラシステムを見ると、ハートチャクラは上層部チャクラと下層部チャクラの間に位置し、肉体とスピリットを繋ぐブリッジの役目をしています。

意識をハートセンターに持っていき、自分の感情に注意を向けるようにすると、エネルギーレベルでどのようなことが起こっているのか状況を判断することができるようになります。

嫌な予感、変な感じ、なんだかわからないけれどある場所が気味悪く感じるなど、これらは私たちの感情を伝って私たちに情報を伝達しています。

感情は私たちの思考が今どのような状態にあるのか正確に伝えています。

習慣化され無意識に考える思考を一つ一つチェックするというのは不可能なことです。

しかし、自分の感情をチェックすることで自分の思考がポジティブなものであるかネガティブなものであるかすぐに判断することができます。

喜びや感謝の気持ちで胸がいっぱいであれば思考はポジティブに働いている証拠です。恐れや妬みで胸が締め付けられる思いがする状態では思考はネガティブに働いている証拠です。

このように、感情は私たちの思考を正確に察知し私たちにその情報を伝えてくれます。

感情を抑圧して感情そのものを変えようと努力しないでください。ネガティブな感情を感じるときは理由があります。独りの時間を作って、その感情に飛び込んで情報を探りましょう。

内なるガイディングシステムに繋がる、ということは、ハイヤーセルフと繋がることと同じです。直感は、私たちのハイヤーセルフが私たちとコミュニケーションを取るために使うコミュニケーションツールです。

私たちのハイヤーセルフは、私たちが大いなる源にアクセスするときに窓口として繋いでくれる、私たちから最も近い存在です。ハイヤーセルフとマメにコンタクトをとって情報の通信ラインを強化しておきましょう。

メディテーションを日課にして、頭頂部から20センチほど上のところにあるクラウンチャクラを意識して自分のハイヤーセルフの存在を感じることから始めてみましょう。

スピリットの存在が確認できるようになったら、自分の最も優れているサイキック能力を使ってコミュニケーションをとる練習をしてください。それにより自分の能力の信頼性を高めていくことができます。

スピリットから情報を得るとき、下記の4つのクレアのうち、自分はどのクレアを最も使っているか考えてみましょう。

4つのクレア: クレアボヤント(透視能力)、クレアオーディエンス(透聴能力)、クレアセンシエンス(透感能力、超感覚)、クレアコグニザント(透知能力)

スピリットの世界(非物質世界)から情報を得るためには、私たち自身のエネルギーをクリアにしておかなければなりません。中でもエンパスの人たちは自分のエネルギーと他人のエネルギーをしっかり区別し、自分のものでないものはすぐに手放しアダプトしないように気をつけなければなりません。

クラウンチャクラで受けとった情報は下層部のチャクラに下ろし情報をシェアしましょう。下層部チャクラに降ろしエネルギー(情報)を循環させることで、物質世界の人生にバランスをもたらすことができます。

ハイヤーセルフとして生きるというのは、意識を上に持って常に快楽を味わうような生き方ではありません。ハイバイブレーションを地球にもたらす、というのが私たちライトワーカーとしての目的です。

高次のエネルギーと繋がって、私たちの肉体を通じて、それを表現し、そしてそれを創造していきましょう。

2016年は、残りの感情クリアリングを続けながら、更なる進化に向けて前進していく年になるでしょう。自分のガイドとしっかり繋がっていてください。

皆さんは、2016年にどんなことを期待し、どんな年にしていきたいと考えていますか?    

皆様にとっても、素晴らしい創造の年になりますように!