ツインフレーム ランニングフェイズ 〜恐れと向き合う〜

unnamed

ツインフレームのランニングステージは、

ツインソウルとの融合により完全という感覚を味わい

ずっと探していたものはこれだったんだ!

やっと故郷に帰れるんだ!

地球でずっと疎外感を感じながら生きてきたスターシードたちにとっては命のような存在、

地球ではじめて安心できる場所にやっと出会えてホッとした矢先にやってきます。

そのため、一番上から一番下へと突き落とされるような打撃を受けるのでしょう。

自分が一度はこの目で見て感じたものは幻想だったのか、、、

混乱の渦と闇の中で、激しく痛み苦しみ、光やスピリットの存在を疑いはじめるかもしれません。

ツインという存在は、私たちがこの地球に転生してきた目的やミッションをきちんと果たせるように、そのプロセスを加速させてくれるものです。

私たちが経験すること全てに意味があり、そしてそこには大切な学びがあります。

地球は現在、第三密度領域から第四密度領域に移行中です。(これについてはインターネット上でもたくさん情報がありますので今回は深くは触れません)

地球が第四密度領域に移行していく過程で、私たちの意識(波動)も同時に上げていかなくてはなりません。

2012年12月21日にマヤ暦のサイクルが終わり、これまで分離を続けてきた私たち人類は新しい銀河のサイクルとともに、分離(より低い波動)〜統合(より高い波動)というエネルギーに向かっています。

そのなかで私たちが越えて手放していかなければならないものがあります。それは恐れです。

波動の上昇を続けていくなかで、恐れを持ち続けたままでいると、その恐れは今まで以上にフォーカスされ、多くのカオスを体験していくことになるでしょう。

ツインフレームに現れる「ランナー/チェイサー」と呼ばれるある特徴的なパターンは、ある種の浄化剤のような働きをし、強烈な吸引力で相手の最も深い闇の部分に潜む恐れを表面化させます。そして、私たちのアセンションの準備を進めてくれるのです。

このフェイズによって表面化される恐れは分離に関するものが多くあるようです。

ランナーズステージで体験する、魂が引き裂かれるような感覚は、私たちの魂に記憶された分裂や分離に対する恐れによく似ています。

私たちの銀河ファミリーの歴史を辿ると、一なる意識からの分裂は琴座の文明から始まっています。

私たちがいる地球上の歴史ではちょうどアトランティス期から分離のサイクルが始まったそうで、アトランティス時代以来のサイクルの移行期です。これだけ長期に渡って分離し続けてきたのです。

これらは、私たちが意識上で思い出すことができなくても、私たちの魂やDNAにしっかりとその記憶や情報は残っています。

そして、その深く眠る分離への恐怖心は、私たちを統合へと導く大事な役割を果たしてくれるものです。

私たちは、闇を知ることなくその光の存在を知ることができない、二元性に存在しています。

闇が深ければ深いほど、光の存在はよりフォーカスされより強く強調することができるため、光への願望がより強くなるというわけです。

ツインソウルによって表面化された恐れに正面から向き合う勇気を持ちましょう。

拒絶されたときに感じた一番強い痛みに直接飛び込んで、その痛みの元々の根源を探りましょう。

皮膚がめくり剥がされるような痛み、ハートが引き裂かれるような痛み、それは生まれてきた時の最初の分離の記憶かもしれません。

その感情の情報を手掛かりに、根源を探り、その根源となる部分、分離してきた感情と再びつながり、自分に統合していきましょう。

そのプロセスを続ければ、意識はどんどんと拡大し、集合意識とのつながりを取り戻していくでしょう。

そうすることで、あの完全という感覚をまた再び取り戻してください。私たちはそれを思い出す旅を続けています。

cfd4eb5065bbae0228f3a3c2158c12d8

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s