もっとクリエイティブな人生に…

最近やっと、子供のころの感覚が戻ってきたように思います。
麻酔をかけられたように、長年眠らされていた感覚。

今日は何して遊ぼうかなぁ、今日はどの公園に行きたいかなぁ、そんなことを考えながら、

毎日クリエイティブな日々を、私たちは子供のころは過ごしていたのです。

大人になって、社会人として、責任というケージの中で生活するようになると

わたしたちの純粋な子供心、純粋な創造性は抑圧されて生きていくようになります。

内側に向いていた意識は外へ外へと向きはじめ、

精神的な欲求よりも物質的な欲求を満たすことで、幸せを得ようと考えるようになるでしょう。

社会のオートマチックシステムに乗っかることは一見楽な選択にも思えます。

しかし、その自動システムには大きな落とし穴がありました。

私たちは楽になれることを信じて、自分で考えること、自分で創造することをやめてしまったのです。
それはまるで、お金の生産工場のベルトコンベアーに乗って生活するようなもの。

古代バビロニアからはじまったとされているこのマネーマジックプログラムは、私たちの犠牲者意識をサポートし拡大してきました。

そして人々は主体性のない犠牲者的な人生を選択して生きるようになったのでしょう。

創造性と繋がること、これは現代人のわたしたちの大きなテーマのように感じます。

子供のころに感じた純粋な喜びや幸せを、再び感じることができるように

その鈍った感覚を取り戻す作業は、私たちのアセンションのための変容プロセスに欠かせない大事なステップです。

犠牲者意識を解放して、人生をもっと主体的に積極的にクリエイトする、

創造者として生きていく選択をしていくことで

私たちは無限のエネルギーソースと繋がって

魂を満たす人生を生きていくことができるようになるでしょう。

そのために、今、宇宙は、私たちに沢山のサポートを提供してくれています。 

勇気を出して、両手いっぱいに抱えている荷物を手放し解放しましょう。

ハートを開いて、受け取る準備をしてください。

宇宙はあなたのゴーサインを待っていますよ。

 

Advertisements

奴隷マインド解放

どうにも変えることができない状況の中では、私たちは自分たちを無力に感じてしまいます。

理想と現実を比べると、そのギャップの大きさに失望し、夢みることさえも苦しくなってしまうのです。

そして、夢は、叶わぬ夢として、本当の夢で終わるでしょう。

私たちはこの無力なサイクルから抜け出さなければなりません。

そして理想の現実を創っていきましょう。

夢を現実にする、それは不可能に近いことだと思っている方が結構多いですね。

しかし、夢を遠ざけているのは、自分自身。私たちのマインドなのです。

私たちは長年の間、夢を生きることを自分に許してくることができなかったのです。

それは、ソーシャルプログラミングによって、私たちのマインドはハイジャックされ続けてきたからなのです。

今、私たちは、この奴隷マインドを解放し、自由に自己表現していかなければなりません。

なぜなら、時代は変わっていくからです。

私たちの集合意識というものはとてもパワフルです。

この集合意識のパワーを使うことで文字どおり私たちの住む世界を変えていくことができます。

そのために今私たちにできることは、やはり、内なるワークなのです。

マインドのハイジャックは外からやってくるものです。

内なる意識とつながって、自分の人生のハンドルはしっかりと自分で握り、自分で操作をしていくんだ、ということを決めましょう。

人任せの人生は、人任せのまま、良いことも悪いことも一生他人のせいにして生きていく人生です。

自分でしっかりと舵をとって、目的地を明確に、人生を楽しくクリエイトしていきましょう。

奴隷制度に慣れている私たちにとっては、人生の舵取りをするのは、最初は少し難しく感じるかもしれませんが、宇宙に自分の意思をしっかり示しバックアップをお願いしましょう。

私たちの惑星のサイクルが自由表現のサイクルに変わっている中で、それを選択しない生き方というのは、自然のサイクルに逆って生きていくこと。そして自然のサイクルに抵抗し続ければ、必ずそこには不調和が生まれます。

逆に、この新しいサイクルの中で、自分の理想の人生や夢を生きるという選択をすれば、そこには調和が生まれ、人生も追い風にのってより楽に生きていくことができるのです。

しかし、奴隷マインドというのは、夢を生きてもいいよ、ほら、と目の前に出されると、怖くなってしまうのです。幸せのあとには必ず不幸がある、幸せが続くはずがない、と信じこまされている人も多いようです。

理想の現実や夢を生きることに対して少しでも恐れを感じたら、その恐れはもう超えていきましょう。

今、この惑星は、調和のエネルギーをたくさん必要としています。

私たち、一人一人が、自由を選択して、調和を生み出すと、それは集合意識として拡大していきます。

私たちが無力だなんていうのは、偽りです。

私たちは、こんなにもパワフルになれることを、思い出してください。

b61a3776bf3144f3d161548fdf70f75d

 

 

 

 

 

 

本当の真実 〜ディスクロージャー〜

もし、私がここで「残念なお知らせですが、ツインフレームは私たち人間の信念システムが作り上げた幻想です、本当はそんなものは最初から存在しません。」と言ったらみなさんは混乱するでしょうか。

今、地球では、地球の大変容のために準備が着々と進んでいます。そういったことを感じる機会がここ数ヶ月で急に増えた気がします。

バシャールも2016年の秋にすべてが変わると予告していますが、UFOコミュニティーではフルディスクロージャーと呼ばれる地球外生命体に関する秘密情報開示のための準備が進められているようです。

日本では、JCETIのグレゴリー・サリバンさんが積極的に活動をされています。

多くの情報の中で、私が最も驚いたのが、現在アメリカのケーブルテレビで放送されている「コズミックディスクロージャー」という番組の中で公開しているコーリー・グッド氏による情報です。

(コズミックディスクロージャーの内容はこちらのウェブサイトで日本語でも読むことができます。)

これからこういった多くの情報が開示されていく中で、たくさんの混乱が起きることが予想されます。

コーリー氏をはじめとする内部関係者たちが言っている情報が本当なのかどうか、大きな議論も生まるでしょう。これらに関する情報は、繊細な話題になっていくと思います。

これまで、何千年と人々が信じ続けてきた信念体系がここで崩されるわけですから、人々の恐れ、不安、混乱、恐怖、悲しみ、考えられるすべての感情が、惑星レベルで沸き上がってくるでしょう。

しかし、これは私たちが本当の自己を思い出し、一なる意識へ統合していくためのプロセスだということを私たちは潜在的には知っています。

こういった大変容のプロセスの中で、私たちが最も避けなければならないことは、こういった情報に左右されすぎない、ということです。

しかし、知る、ということはとても大切なことです。偏見を持たずに中立な立場で、今実際に起きていることに対してオープンでいてください。

そして、マインドを柔軟に持って、可能性を広げることが今の私たちに必要なことだと思います。

そして、最終的には、情報が嘘でも本当でも、どちらでもいいのです。

私たちの信念システムによって理解も解釈も10人10色です。そして、私たちの真実はいつでも私たちの内側にある、という大切なことを忘れないでください。

そして、今日を、今この瞬間を、どんな風に過ごしたいか、どんな自分で在りたいかを考え、そのように生きることが、今の私たちにとっては、嘘か本当か探るよりも大事なことです。

すべては、私たちが内側に入っていくためのプロセスです。

真実は、私たち自身で知るものです。

自分にとってそれが真実であれば、それは真実なのではないでしょうか。それを誰かに証明する必要はありません、そしてそれを他の誰かの真実にしなければならないなんてことはありません。

騒つくマインドと心を静めて、自分の内側へと意識を戻しましょう。

そうしながら、私たちは、意識を内側に向けて、統合していくのではないでしょうか。

metal-pole
Art by Vashta Narada

 

 

 

 

Yoniとの対話 〜女性性統合〜

創造の女神、Yoniと繋がって

Shaktiを活性化させましょう

  
私たちの子宮はテンプルです

新しい命を育む、この神聖な洞窟を

創造の源、Shaktiで満たし

内なる女神性と繋がりましょう

  
Yoniの声に耳を傾けて

内なる神聖性

内なる創造の女神とコンタクトをとりましょう

あなたの中の女神性を解き放ち

解放感、自由、オープンネスを感じ

あなたのセンシュアリティ、肉体的な快楽と繋がって

体にShaktiを取り込みましょう