Claim your desire 願望の要求

私たちは、欲しいものを欲しいと言えない、素直な感情を抑圧する、感情の暗黒時代に暮らしてきました。

 

日本人の私たちは特に、謙遜、遠慮、自分をなるべく出さない、そんなことが美徳とされる文化背景があるからか、褒められても素直に受け入れることができなかったり、いやいや自分なんて、とつい自分を低く評価する癖がついてしまっているように感じます。

自分の欲求は二の次、自分のことは後回しに、そうしてこれまで生きてきたのです。

今、世界中で多くの人々が目覚めを体験し、集合的に意識がシフトしていく中で、私たちが最も困難に感じていること、それは欲しいものを欲しいと素直に表現することではないでしょうか。

私たちは、生まれながらにして幸せになる権利をすでに持っています。しかしどこかの時点で私たちは幸せになることをためらうようになりました。

私だけが幸せになっちゃいけない、幸せになったら必ずそのあと不幸が訪れる、幸せが長続きするはずがない、そんな条件付け、信念の刷り込みをどこかでしてしまったのです。

今、時代は大きく変わろうとしています。

今、スタンディングロック・スー族をはじめとるアメリカ先住民たちが自分たちの聖地、命の水を守るために「NO DAPL(No Dakota PipeLine)」と声をあげ雪の中テントをはって、石油パイプライン建設に反対しデモ運動を行っているのが世界中で大きな話題を呼んでいます。これはこの時代を象徴している出来事のように感じます。

人々が目覚めはじめ、奴隷システムに反発し、自分たちの安全で快適な暮らしを手に入れる権利を主張しはじめています。

一部のエリート集団だけが大きな利益を儲けるようなこの社会の仕組み、そしてもう何千年もそのように運営されてきた地球全体の社会構造そのものが変だ、何かがおかしい、ということに人々は気づきはじめています。

そういった集合的な意識を使って地球全体に変革をもたらすために、私たちが個人レベルで今すべきこと、できることは、自分たちの真の願望を主張し要求すること、そして自分の幸せを自分の手で掴み取ることです。

幸せはいつかどこからかやってくるものではありません。

私たち自身が、欲しいものを素直に欲しいと言えるように、自分たちの真の欲求や願望を素直に表現・要求していかなければこの不調和な社会の仕組みに変革を起こすことはできません。

物質的にも感情的にも幸せで安心できる暮らし、それがどんな贅沢で現実的でない暮らしに思えたとしても、私たちには自由意志がありそれを勝ち取る権利も権限もあります。

それを堂々と主張し要求していくこと、それが今の私たちに求められていることです。

私たち自身が自らの意識に変革を起こして、その意識を結集して、集合的に意識変革を起こしていかなければなりません。

古い仕組みが破壊され、再建、再生に向かわなければならないときです。

私たちが自分たちの願望を要求しそれを勝ち取っていくことは、後に、安心して快適に暮らせる社会システムを生み出すことになります。

自分の幸せを追求してみてください。自分が本当は手に入れたいものは何ですか?誰にも遠慮することはありません。それはあなたの自由意志で、あなた自身の権利です。自分が本当に欲しいものと繋がることは、私たちの快適な未来を創り出します。

誰かに言わなくてもいいのです、でも自分自身に正直になること、自分自身にそれを要求して、それを受け取る価値があること、それを勝ち得てもいいことを教えてあげてください。

私たちの人生です。私たち自身でそれは創造していかなくてはなりません。

1ace8-1473303128935.jpg

 

what do YOU want…

自分が本当に本当にしたいことは何ですか?

自分のコアに眠っているあなたの情熱はどんなものですか?

どんな音がしますか?

どんな色をして、どんな感触で、どんな温度ですか?

私たちの住む三次元世界は混乱が多いものです。

時々、マインドを静めて、じっくりと内観してみましょう。

 ***   ***   ***   ***   ***

自分のオーリックフィールドを眺めて、自分以外の人の想念を一度全てクリアにして、

しっかりと意識を内側へと戻して、深く深く入っていきましょう。

私たちが普段意識上で考えることは、実は他人のものがほとんどです。

自分以外の人から受け継いだ信念や概念、すでに他の人の手によってつくられた既製品です。

一度その全てをシャットダウンして、自分の内なるクリエイティブソースと繋がりましょう。

 ***   ***   ***   ***   ***

私たちは、もうすでにある型を学ぶのが大好きです。

しかし私たちはそれをわざわざやるためにここに生まれてきたわけではありません。

もっと自由に、そして自分らしさを表現するために、私たちは今ここにいます。

しっかりとソースに繋がって、第二チャクラで自分のコアの情熱を感じてみてください。

 ***   ***   ***   ***   ***

あなた以外の人が、あなたのために、あなたの人生を決めたり生きることはできません。

他人があなたに求めるものではなくて、あなた自身がどうしたいのか。

自分が自分に求めることって何ですか?

何をやるにも、それは「自分」が欲しいものなのかどうなのか決めなければなりません。

私たちは、もう「自分で決める」人生を生きていいのです。

 ***   ***   ***   ***   ***

今夜は射手座の新月です。しっかりと意図を持って、人生の舵をとりましょう。

人の人生を生きるのをやめて、自分自身の人生を生きるときです。

今年もあと残すところ1ヶ月ちょっと。新しい年を迎える前に、色んな整理をするときですね。

来年どんなことをしていきたいのか、どんな自分になりたいのか、セルフイメージやヴィジョンをしっかりと持って新しい年を迎える準備をしておくと良いでしょう。

来年はどんな年になるのでしょうか。

2017年のディヴァインメッセージはまた後日アップいたします!

皆さま、素敵な新月をお過ごし下さい!

☆ ☆ ☆ ◉ ☆ ☆ ☆

6

Gratitude ~ 感謝で満ちる人生~

gratitudementallystrong

日常の生活の中でつい忘れがちになってしまう「感謝」するということ。

この感謝の気持ちというのは、本当に私たちの人生を豊かにしてくれるものです。

当たりまえのことなんて、何一つありません。

私たちが物質的に豊かになればなるほど、いろんなことがあたりまえのように思えてくるでしょう。

だからこそ、感謝の気持ちを毎日忘れないように感じることがとても大切なのだと思います。

私たちが日常であたりまえと思っていることは、本当にあたりまえでしょうか?

人に対しても、ものに対しても、そんなのあたりまえじゃん、って思ってしまっていませんか?

私たちの生活を便利で豊かにしてくれるものは、人が一生分の情熱を尽くして発明や開発してくれたものだったり、そしてそれを実現化してくれる人、作ってくれる人、運んでくれる人がいて、私たちの手元にはじめて届くのです。

これを、あたりまえと思うか、奇跡と思うかでその人の人生は大きく違ってくるのです。

意識は私たちのメガネです。

あたりまえというレンズ(フィルター)を通してみるのと、奇跡というレンズを通して見るのとでは、どちらのほうが豊かな人生を送れそうでしょうか。

例えば、今住んでる家にしても、家を設計して建ててくれる人、それを売ったり貸したりしてくれる人、良い物件を紹介してくれる不動産屋さん(人)がいてくれるから、住めるのです。

人の手によって、私たちの暮らしは安心で安全に守られています。

私たちのこの豊かな生活のすべてに、人、魂、愛情が関わっているのです。

それをただの「もの」として、当たりまえにあるものとして見るようになってしまったら、私たちの心はカラカラに乾いて、愛の充電切れになってしまいます。

普段の生活の中で、私たちが愛で繋がっていることを思い出して確認させてくれるのが感謝の気持ちです。

「もの」を「もの」としてでなく、魂、人の愛情としてみることができるようになると、自然と感謝の気持ちは湧いてくるものです。

人の手によってできたものすべてに、魂、愛があります。

どんなところで、どんな人が、どんな生活をしながらこれを作っているんだろう、どんな人がどんな気持ちでこれを運んでいるのだろう…

目で見えないものを見る力、鈍ってしまったその感覚を思い出して感じるようにしてみてください。

そして私たちがどれほど豊かで恵まれているかということを、もう一度思い出してください。

すべては、奇跡から生まれた宝ものなのです。そんな風に心を豊かに持てたら私たちはもうすでに億万長者なのです!

ぜひ、感謝日記をつけてみてください。

感謝できるものは日常の中にすでに沢山沢山あることに気づくことができるでしょう。

沢山見つけることができれば、それだけ私たちは豊かになることができます。

不足しているものに意識をフォーカスするのを今すぐやめて、今ここにこの瞬間に在るものに感謝することをはじめてください。

当たりまえのことなど一つもないことに気づくことができるはずです。

不安や恐怖ではなく、愛と繋がっていてください。愛と繋がることを選択していきましょう。

gratitude-journal

 

 

ギフトを受け入れる

人はどうしたらもっと幸せになれるだろうか、どうしたらもっと豊かに、健康で、安心して暮らしていけるだろうか、私はいつもこんなことを考えながら生きてきた気がします。

それは、同時に自分に対しての強い願望でもありました。

幸せをどこで感じるか、それは人それぞれの価値観で異なりますが、私はもっとコアな部分、本質的なものが知りたかったのです。

そして、行き着いた先は、オーセンティシティ、魂と整列する、というところでした。

魂と整列する、アライメントと言いますが、自分の本質(魂)と繋がって生きる、ということです。

私たちが自分たちの本質に気づき、それを受け入れることができたとき、私たちは真の喜びを感じることができるからです。

 

 

私は長年、自分が幸せでないことを認めることができずにいました。

それは、自分は不幸な人間だと思われたくなかったのと、心配されるような人間になりたくないというような自分のプライドからでした。

そしてそのプライドのおかげで、自分にたくさんの嘘をつき、自分を騙し、偽り、自分の闇の部分から目を背けてきました。

自分のダークサイドと向き合うのは居心地良いものではありません。認めたくない部分を沢山承認していかなければなりませんし、決して楽しいプロセスではありません。

しかし、私たちは自分たちの闇を受け入れることで本当の自由を手に入れることができるのです。

なぜなら、もう偽らなくていい、自分を騙し続けなくていい、自我によるコントロールからやっと解放されるからです。

 

自分のシャドーに向き合い始めると、人は同時に自分の真の光の部分、ギフト(才能)に触れはじめます。

自分の闇に対する抵抗を手放していくと同時に人生に光が差し込み始めるのです。闇は私たちを光の世界に導いてくれる大切なガイドでもあるのです。

シャドーワークは、決して闇を手放すことではありません。

自分が闇に対して持っている抵抗そのものを手放すことが必要なのです。

闇は無くなりませんし、闇は闇で闇のお仕事があります。そしてこれからも闇は闇として光とともに存在し続けます。

 

闇に対する抵抗をどのように手放すかというと、それは闇に対する恐れと向き合うことです。

なぜそこから目を背けたくなるのか、それが怖いものだと感じるのか、そう決めつける根拠がそこには必ずあります。

それはトラウマとなる出来事であったり、顕在意識上では忘れている遠い昔の古傷や辛い記憶であったりします。

それに気づくことができれば自分が何に対して抵抗していたのか知ることができるでしょう。

もちろん辛かった頃の記憶に遡ってその時のことを思い出すというのは苦しいものです。しかし、私たちはもうその過去のお荷物は清算して、そろそろ本当の自分を生きていっても良いのではないでしょうか?

 

 

 

自分のギフトを生かして、自分の人生を生きるときです。

そろそろ、自分に、受け取る許可を与えてあげてください。

宇宙の準備は整っています。

a-gift1

 

Future self integration

昨晩の牡牛座のスーパームーン。

個人レベル、そして集合レベルで、意識改革が行われたように感じます。

先日行われたアメリカの大統領選挙により、世界中の人々の意識に大きな変革がもたらされました。

そして更に月のパワーが私たちの変容を促してくれました。

宇宙規模の大クレンジングウィークでしたね。

自分にとって大事なものって何なのか、自分にとって価値のあるものって何なのか、人生でどんなものを大切にしていきたいのか。

そんなことが問われていくでしょう。

なぜなら、私たちは、苦しむ選択を、もう手放していく時期に来ているからです。

マネーマジックによる奴隷システム、恐怖による支配操作、暴力的行為など、オリオン時代の名残を解放するときが来ています。

苦しみを手放して、自分がどのような理想の人生を創造して生きていきたいのか、考えるときです。

 

「何」がしたいのか、ということよりも、自分がどう在りたいのか、そんなことを考えるのに良い時期です。

「何」は、後から付いてくる結果です。

今は、マインドを静めてハートに意識をフォーカスしましょう。

喜び、感謝、ワクワクは、どんな自分だったらもっと感じられるようになれますか?

「どんな自分」になりたいのか

どんなことを「体験」してきたいのか

どんな「感情」をもっと感じて生きていきたいのか

どんなことに「価値」をおいて生きていきたいのか

自分のフューチャーセルフを描いて、今の自分にその自分を統合させましょう。

今の自分をその理想の自分のバイブレーションに調和させて、現実に引き寄せるマグネットフィールドを作っておきましょう。

あとは、宇宙の創造を信頼して委ねるだけです。

IMG_3916

 

 

 

 

Loneliness

andromedan-starseed

あるクライアントさんとのセッション中に降りてきたテーマです。

このブログを読んでくださっているほとんどの方は、さまざまなレベルで孤独感をお感じになられていると思います。

孤独感は、スターシードの特徴としてあげられるキャラクタラスティックの一つです。

スターシードというのは、地球での転生が少ないため、地球を自分の住まいと感じることがなかなかできません。

スターシードの人たちの多くは、夜空の月や星を眺めるのが大好きです。故郷の星を思い出し哀愁を感じるのです。

血の繋がった家族でも心の底から自分のファミリーと思えなかったり、どこにいても誰と一緒にいても、寂しさや孤独感から解放されることがありません。

その代わりに家族と離れてもホームシックになったりすることはあまりないでしょう。

スターシードの中でもワンダラーと呼ばれる惑星から惑星を旅する魂は、地球はあくまでも仮の住居、心のどこかで地球をそんな風に捉えているかもしれません。地球を自分のホーム(帰る場所、安心できる場所)と思えないので、早く帰りたいな、早く迎えに来てくれないかなぁ、なんていつも心のどこかで思ったりするでしょう。

ツインフレームの人は自分の片割れの魂と出会うと今まで地球上で感じたことのない安心感を感じます。それはツインフレームは地球上で一番自分の故郷に近い感覚を感じさせてくれる肉体を持った唯一の存在だからです。

tumblr_mxb380927f1s030vgo1_1280

孤独感を感じながら地球に住むのはとても辛く苦しく大変なことです。私はこのまま一生孤独のまま死んでいくのかな、なんて考え始めると、もう生きていくのも嫌になってしまいます。

孤独感は、私たちの内側から解放していかなければなりません。

外の世界、物質的なものは、私たちの寂しさや孤独感を埋めてはくれません。私たちは今それを学んでいるのです。

孤独感を感じているスターシードたちには役目があります。それは、自分たちの故郷の星の意識をこの地球上に降ろして、地球の波動を上昇させていくという役割を果たしていくことです。

そのために、今、多くのスターシードたちがこの地球に転生してきています。

一人一人、ユニークな表現方法で、光の柱を地上に降ろし、天地創造を実現させていくことが、孤独を感じる私たちスターシードたちがしていかなければならないことです。

スターシードとして本来やるべき地球や人類のための奉仕活動に日常で関わり始めると、自然と孤独感からは解放され始めるでしょう。

私たちに必要なことは、今、集合意識と繋がることです。集合意識と繋がって自分のミッションを思い出すことが出来れば、今まで感じていたような疎外感を感じることもなくなるでしょう。

故郷の光を肉体(ボディ)に降ろしましょう。そして自分たちのホームをここに創造していけば良いのです。すでに地球上にあるもので孤独感を満たそうとしても私たちは孤独感から解放されることはありません。

自分らしさを目一杯表現して、自分の世界観をどんどんシェアしていってください。

4339366_orig

Twinflame セパレーションからユニオンへ

hqdefault

ツインフレームとのセパレーションは、自身のディヴィニティ、つまり神聖性とのセパレーションです。

そのギャップをうめるために、インナーチャイルドワーク、シャドーワーク、ミラーワークというようなヒーリングツール/テクニックを使って、感情のクリアリングを行いエゴ(自我)を手放していきます。そして、神聖性/ツインフレームミッションに、ようやくコミットする準備が整うのです。

それは、ランナー・チェイサーというダイナミックにおいても同じです。相手のツインまたは自らが、本来の自分の姿(高波動の魂)に抵抗し拒絶しランナーとなった場合、本来の自分(魂)と整列できるようになるために、現在の自分(低波動の自我)と本来の自分(高波動の魂)との間のギャップを埋めてツインフレームユニオンに備えなければなりません。その成長を助けるために、辛く苦しいドラマを旅するツインフレームたちもいるでしょう。

二人のツインが神聖なユニオンに向かうためのプロセスなのです。天からの祝福により洗礼を受け浄化期間に入るのです。

複雑化したモダン社会で育った私たちは手放さなければならないお荷物が沢山あります。

自我は表面上に現れる欲求だけではありません。そのルーツにある親から受け継いだ思い込みや固定概念、他の転生からの思い癖なども関係しているので根はとても深いのです。

三次元の地球で直線上の時間の概念を持って生きている私たちにとっては、とても辛く苦しく沢山の忍耐が必要とされるでしょう。直線的な時間の概念に振り回されなければもう少しこのプロセスを楽しんで学ぶことができるのではないかとよく考えます。

時間のイリュージョンから解き放たれ、時空を超越した魂の結びつきを肉体で感じることができるのは、ツインフレームユニオンの特徴的な体験です。今まで体験したことのない説明する必要のない感覚、5次元の非物質世界と3次元の物質世界を繋ぐことができる貴重な体験です。

完全に調和のとれたユニオンを果たしたツインフレームにはそんなパワーが存在するように感じます。時空を超えて旅する二人の魂は一心同体、二つの肉体をもつ同一魂なのです。シェアするヴィジョンや夢が同じであるのも納得できますね。

28

あなたとあなたのツインはどんな夢やヴィジョンを一緒に描いていますか?

魂の願望、ハートが呼ぶ声は、あなたがツインと出会う場所です。

今すぐツインフレームユニオンにコミットしましょう。真実の愛を選択するときです。

Infinity